MI Clinic

画像ディスク作成とインポート作業において、リマージュMDSに信頼寄せるMIクリニック

Case-Study-MI-Clinic-Building「リマージュのMDS5400Nのおかげで、我々の施設内におけるディスク作成作業効率と正確性が増しただけでなく、インポートにかかる煩雑な作業から解放されました。さらに数か所からのウェブクライアント操作機能がいいですね。」

MIクリニック PET-CTがん検診センター 放射線管理室主任 古屋敷 様

事例をダウンロード (EN)

事例をダウンロード (A4)

事例をダウンロード (JP)

施設名

MIクリニック(大阪府豊中市)

課題

  • 増え続けるボリュームスキャンデータのCD/DVDへの記録
  • 施設内スタッフの作業効率向上
  • ディスクラベルの画質向上
  • 作成失敗ディスクの削減

解決策

  • プロフェッショナルディスクパブリッシングシステム
  • MDS ウェブクライアント

大阪の北摂地域をカバーするMIクリニックは、他の医療機関からの 紹介で検査を行う画像診断施設です。最新のPET-CTやMRI検査で、がんの早期発見など医療向上をめざし、大規模病院からクリニックまで各医療施設と 緊密な連携をとる、地域住民の健康管理に不可欠な存在です。同院では医療画像の情報提供や他施設からの患者紹介にリマージュジャパンの医療画像情報ディス ク発行システム「Medical Disc System」(以下MDS)を導入、活用しています。

課題

同院ではPACS(画像管理システム)サーバに保存された患者さんの検査データを依頼頂いた医療機関にお持ち返りいただくために、CD-RやDVD-Rといった光ディスクに書き出す発行作業を行います。

現在の発行枚数は、PET-CT検査の全例(20~22件)でCD-Rを発行し、MRIの検査30件の半数がディスクを希望されています。「医療の 世界でも電子化が進んでおり、その流れからMRI検査におけるCD-Rなど電子メディアのリクエストが高まっています」(古屋敷氏)

MDS導入以前のディスク発行は、画像処理ワークステーション1台でPET-CTとMRI合わせて1日30~35枚のCD-Rを作成し、ラベルを家庭用インクジェットプリンタで1枚ずつ印刷する運用でした。放射線管理室 主任の古屋敷守氏は当時を振り返ります。

「各モダリティには基本的に撮影担当者が1人おり、補助のもう1人が検査の合間にプリンターのスイッチを押し、CD-Rを1枚作成するごとにディス クの交換作業を行うもので、CD-Rの発行数が増えるに従い、作業者にとっては大きな負担でした」。インクジェットゆえ、ラベル印刷直後のCD-Rを何枚 か重ねると文字がにじんでしまう事態も頻繁に起こり、「枚数が増えることによるインク代などのランニングコストも問題」。さらに紹介で検査に来られる患者 さんのデータが書き込まれたCD-RなどのPACSへのインポート(読み込み)作業も多いときで1日15~16件に達し、作業量増加に拍車がかかる一方 だったのです。

解決策

「問題解決にはどのような製品が最適か」と数多くの各社製品を検討した結果、MDSが選択されました。同氏はその決め手として「試験導入を行った 際、当院の検査内容を十分に理解し、要望に応える対応のよさ。他社製品と比較してCD作成やインポート、ログ画面などが見やすく検索機能も使いやすい操作 性。熱転写によるラベル印刷で高品質ディスク作成が可能な点」などを挙げています。

結果
Case-Study-MI-Clinic-Group-Photo

作業プロセスの自動化による作業効率向上

「導入前はCD-Rを1枚ずつ作成し、そのたびごとにディスクを交換していましたが、MDS導入でその必要もなくなり、CD-R作成の負担が大きく軽減されました」と古屋敷氏は使用経験を話されます。

ウェブクライアントからの遠隔操作によるディスク作成

同院では紹介元の医療機関の要望に応じてCD-Rを作成します。MDS本体は2階のPET-CT操作室に置かれ、PET-CT画像はこの2階にある 端末から書き込み指示を行います。また、3階にあるMRI操作室には端末だけが置かれ、遠隔で2階のMDSに書き込み指示を出します。

さらに「ある紹介元施設からの『紙によるレポートをDICOM化して一緒に入れてほしい』という要望に応え、診療情報提供者である当院の所見を2階にある医療情報部が管理しCD-Rに書き込む運用も行っています」(古屋敷氏)。

MDSがもたらす安定運用と確かな成果 

同院には施設の特性として「地域の医療機関からの依頼で検査を行う」という前提があります。中には急ぎの施設も多いのですが、「今までの使用でMDSがまったく使えなくなったことはない」と古屋敷氏は話されます。